ジャムの作り方!と一緒に知りたい保存方法。ジャム瓶でオシャレ保存。

シェアする

a0091796_111419[1]

お家で自家製手作りジャムを作ろう!第3弾です(^^♪

今回は『保存方法』をご紹介です。

1、煮沸消毒

保存瓶とふたを洗剤などでよく洗ってから、
鍋の底に布巾もしくはすのこを敷いて、
瓶が全部浸かるくらいの水を入れて、
その中に瓶とふたを入れて、
火にかけて沸騰してから2~3分程度煮沸します。

布巾などを鍋底に敷くのは、直接瓶を入れると
割れる恐れがあるためです。

ふたがゴム製の場合、長時間煮沸したり温度が高いと
劣化する恐れがあるため、沸騰状態ではなく
80℃程度のお湯に2~3分程度浸けておくとよいでしょう。

煮沸後、瓶を取り出す際は菜箸やトングなどを使用して
やけどしないように取り出して
清潔な布巾の上に逆さにして
乾燥させます。
ふたも瓶同様に逆さにして乾燥させます。

これで煮沸消毒は完了です。

※瓶を熱湯にいきなり入れると、急激な温度変化により割れてしまいます。必ず水の状態から入れるようにしましょう。

※食器拭きなどで水気を拭くと雑菌がつく恐れがあるので、必ず自然乾燥させましょう。

2、脱気

最も完全に近い滅菌方法です。

煮沸消毒をあらかじめジャムが出来上がる直前に行います。

出来上がったジャムを熱いうちに煮沸で温まった状態の瓶に9割程度つめます。

すぐに蓋を閉め1分ほど待ちます。

少しだけ蓋を緩め『シュッ』という空気の逃げる音がしたら素早く蓋を閉めなおします。

これで脱気が完了です。

長期保存したい場合は更にこの状態で熱湯の中に入れて20分程度の煮沸消毒をおすすめします。(錆の原因になるので蓋が湯に浸からないように気をつけてください)

※脱気の作業は必ず熱い状態で行ってください。軍手などが便利です。

3、熱湯消毒

最も一般的で簡単な方法です。

良く洗った保存用の瓶とフタをボウルや鍋にいれ熱湯をかけていきます。

しばらく熱湯につけておき、取り出したら湯をきり清潔な布巾に伏せておき乾かします。

出来上がった熱いジャムを口までいれフタをします。

これでも1~2週間は充分にもちます。

4、電子レンジで簡単消毒

ふたが金属製のものは電子レンジに入れず、
上記の方法で殺菌しましょう。

瓶は洗剤などでしっかりと洗い
水気を軽くきります。
次に拭かずに水がついた状態で
口が上になるようにして
電子レンジに入れて、
瓶1つにつき、500wで1分程度加熱します。

瓶を電子レンジから取り出したら、
きれいな布巾を上に乗せて自然乾燥させます。
もしくは、ふきんやペーパータオルなどを
敷いた上に伏せて乾燥させてください。

ジャムの保存にはやはり脱気消毒が1番良いかと思います。

ただ、小分けにして短期間で使いきったり、何か月も保存をする必要がなければ

熱湯消毒や電子レンジでも十分だと思います(^^)

※糖分の割合でジャム自体の保存性が違ってくるので気を付けてくださいね。

※脱気については昔は瓶を逆さにしたり、蓋を完全に閉めない状態で煮沸したりとあったんですが、水が入ってしまったり漏れてしまったりいろいろとリスクもあり、十分に脱気できていなかったりと失敗も多いのでこちらの方法をご紹介しました(^-^)

aonogaishi
1980年生まれ
スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。