料理のジャンル別 相性の良いBGMで食事をさらに美味しく。

シェアする

79b056833f48d2d5a4619fdced714186[1]

[BGMで味の感じ方が変わる]この研究で料理のジャンル別の相性の良いBGMが判明!

ぜひあなたも試してみてはいかがでしょう?

前に紹介した[BGMで味の感じ方が変わる]という研究の詳しい内容をご紹介。 皆さんもぜひこれを参考に美味しい食事を楽しんでください。

■ジャスティン・ビーバーの曲は食事を不味くする!? この斬新な実験を行ったのはオックスフォード大学の心理学者であるチャールズ・スペンス教授だ。過去にはワインやウイスキーの色や香りを変化させて味の感じ方を調査してみたり、サクサク、ズズッなど食べる際の音と食感の知覚なども研究していた教授である。 実験で教授は700人のボランティア参加者を集めた。そして、さまざまな種類のテイクアウト料理と6種類のジャンルの異なる音楽を用意。各ジャンルの音楽を聴きながら食事してもらったという。 その結果、参加者たちは明確に音楽ジャンルによって食欲の上がるものや美味しく感じるもの、または反対に下がったり不味く感じるものを指摘したというのだ。 イタリア料理=クラシックが合う 最も相性がよかったのは歴史的にもぴったりだからだろうか、イタリア料理とクラシックであった。 ■インド料理=ロックが合う インド料理はロックが○。スパイシーなカレーと激しいロックがベストマッチするそうで、なんとなく頷ける。ちなみにロックを聴いた場合はジャズに比べて料理が4%辛く感じられるということだ。 ■中華料理=ポップミュージックが合う 一方、ポップミュージックは中華によく合い、特に世界の歌姫、テイラー・スウィフトの『Blank Space』は中華料理とパーフェクトにマッチするというから面白い。 ほかには、以下の結果がわかったという。 ・ジャズは寿司やタイ料理に向いている ・ヒップホップとR&Bはどの料理にも無難……というか、良くも悪くも大した変化も影響もない ・ジャスティン・ビーバーの曲はどの料理にも合わず、食べ物を不味く感じさせている

■味覚、嗅覚、視覚に加えてBGMも食事を演出 大きすぎる音のBGMはしょっぱさや甘みの味覚を鈍くし、テンポが早すぎたり調子の外れた音楽は酸味を強く感じさせる」という以前に行われた調査実績もある。 今回の実験は音楽が味覚の変化に影響を及ぼしていることを裏付けるものとなったようだ。 教授はこれを“デジタル・シーズニング(電子調味料)” と表しており、「私達は通常、味覚、嗅覚、視覚から食事が成り立っていると信じているが、加えてBGMとして流れている音楽からも影響を受けていることが判明した」と現地紙「The Times」の取材に対し語っている。 これまでにも著名なシェフや料理関連機関に対して音楽との相性やコラボをアドバイスしてきたという教授。このたび調査に協力したデリバリーフード会社は、料理と共にCDも一緒に提供すべきか前向きに検討中だという。 参考までに実験の詳細は以下の通り。我々日本人の感性からすべて共感できるかどうかは不明だが、興味のある人はどれか試してみてはいかがだろうか。

【お勧めプレイリスト】 ●インド料理=インディーズ・ロック ・I Bet You Look Good on the Dancefloor/アークティック・モンキーズ ・Mr. Brightside/ザ・キラーズ ・Ever Fallin In Love/バズコックス ●イタリア料理=クラシック ・四季/ヴィヴァルディ ・誰も寝てはならぬ/プッチーニ(パヴァロッティver.) ・ウィリアム・テル/ロッシーニ ●中華=ポップス ・Sing/エド・シーラン ・Blank Space/テイラー・スウィフト ・Never Forget You/MNEK ●寿司=ジャズ ・Feeling Good/ニーナ・シモン ・What A Wonderful World/ルイ・アームストロング ・Take five/デイヴ・ブルーベック ●タイ料理=ジャズ ・One For My Baby/フランク・シナトラ ・Sing Sing Sing/ベニー・グッドマン ・You and I/マイケル・ブーブレ (文=Maria Rosa.S) 参考:「Daily Mail」ほか

ん?! あれ? 料理ジャンルなら、、、と思ったけど。 寿司を調べたならパンもやってほしかった(´Д`) 日本じゃない海外の調査なのに、、、、、、

aonogaishi
1980年生まれ
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
コメントの入力は終了しました。